CO₂だけではない、 地球温暖化を進める物質とは









■ TS 3(ティーエススリー)ドライバーの特徴 ■
そのマルチ弾道スピードは、想像を超える!カスタマイズ・ビッグドライブ。
打点と重心を近づけてボールスピードを最大化させると同時に、最高の打感を実現するTS3ドライバー。

●TS3ドライバーは、スピードシャーシのプラットフォームが生み出すかつてないボールスピードとミスに対する許容性に、タイトリスト独自の重心調整機能をプラスして完成しました。
プレーヤーの打点にヘッドの重心をカスタマイズすることで、想像を超える高く安定したスピードと、芯で打ち抜く快感をもたらします。

■TS3の長所
・想像を超える飛距離性能
・かつてないボールスピードと高い許容性
・重心調整機能によるマルチな弾道
・芯で打ち抜く確かな打感

【検索用ワード】タイトリスト TS 3 ドライバー 2019/2020モデル【TIT-TS3-DR】メンズ・男性用 ゴルフクラブ・ドライバー (MENS)(GOLFCLUB-DRIVER)






メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。
クリックでファイルが開きます。

【シャフト】MITSUBISHI CHEMICAL DiamanaDF DF50 DF60 DF70 DF80 DF-50 DF-60 DF-70 DF-80【セール】(特注/納期約4-6週)納期約2〜2週間 タイトリスト TS3 ドライバー メンズ 三菱ケミカル ディアマ

機関誌Works

弁護士 久保豊年氏

極限のリーダーシップ

機関誌Works

理想の仕事は、 仲間と楽しく働ける仕事

統計が物申す

【カスタムオーダー】キャロウェイ Callaway EPIC FLASH SUB ZERO ドライバー GRAND BASSARA GB29 シャフト 日本仕様【■CCO■】

機関誌Works

人事のAI原則

機関誌Works

「自分が」生き生き働く方法、知っていますか?──辰巳哲子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

事例・コラム

第8回 「社会心理学」 内田由紀子 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

本間ゴルフ ホンマ ツアーワールド TW747 455 ドライバー HONMA TOUR WORLD TW747 455 DRIVER VIZARD FD FP 6S 2019モデル【カスタム】フォーティーン FH FORGED V1 ウェッジ マットブラック仕上げ FUJIKURA MCI80 シャフト装着仕様_#FH1フォージド#フジクラMCI

研究プロジェクト

03.労働時間 2019

日本の労働政策

報告書・論文

男性の育児休業、語られていない「もう一つの意義」──大嶋寧子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

[納期約4〜6週間] [レフティ] ピンゴルフ G410PLUSドライバー グラファイトデザイン Tour AD TP カーボンシャフトモデル

事例・コラム

長時間労働の是正と企業業績のゆくえ

働き方改革時代にマネジャーは何をすべきか

研究プロジェクト

【Tech Stack Interview】Lowe’s ドナ・ドルフ氏(TAシニアディレクター)

事例・コラム

第5回 「文化心理学」 唐澤真弓 氏 

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

研究プロジェクト

【Tech Stack Interview】Teradata ブラッド・クック氏(TAグローバルバイスプレジデント)

「レフティー」 プロギア ゴルフ Q キュー Q18/Q23 フェアウェイウッド Qオリジナル カーボンシャフト PRGR

事例・コラム

次世代社会提言 ―マルチリレーション社会:個人と企業の豊かな関係― 

ダンロップ ゼクシオ10 XXIO10 フェアウェイウッド XXIO(2018) Miyazaki Model 5W フレックスSR 中古 Aランク

研究プロジェクト

これから介護に直面する従業員に、企業は何を伝えるのか──大嶋寧子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

事例・コラム

第2回 「ワーク・エンゲイジメント」 島津明人 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

研究プロジェクト

キャロウェイ エピック フラッシュ ★スター★ スピーダーエボリューション5 FW60 フェアウェイウッド

再雇用か、転職か、引退か ー「定年前後の働き方」を解析するー

JPSED 分析報告書

報告書・論文

第1回 「社会脳」 藤井直敬 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

テーラーメイド ドライバー TaylorMade ゴルフ MWD M3 460 9.5・10.5 KUROKAGE TM5 S・SR+H+K

研究プロジェクト

もっと見る