CO₂だけではない、 地球温暖化を進める物質とは





■種別:ウェッジ ■メーカー:キャロウェイ
■モデル:PM GRIND 2019 TOUR GREY 54-14 ■シャフト:DGツアーイシュー RED 115
■フレックス:S200 ■ロフト:54
■本数:1 ■番手:54
■長さ:35.25 ■クラブ重量:463
■ライ角:64 ■バランス:D4
■キックポイント: ■ヘッド素材:
■ヘッド体積:0 ■定価:0
■状態:新品 ■ヘッドカバー:無

【備考】新品です。USカスタムシャフトです。



商品詳細
種別 ウェッジ メーカー キャロウェイ
モデル PM GRIND 2019 TOUR GREY 54-14 シャフト DGツアーイシュー RED 115
フレックス S200 ロフト 54
本数 1 番手 54
長さ 35.25 クラブ重量 463
ライ角 64 バランス D4
キックポイント ヘッド素材
ヘッド体積 0 定価 0
傷の程度
ヘッドカバー グリップ 【S 】未使用品及び新品
フェース 【S 】未使用品及び新品 クラウン 【S 】未使用品及び新品
ソール 【S 】未使用品及び新品 シャフト状態 【S 】未使用品及び新品
その他コメント
新品です。USカスタムシャフトです。


キャロウェイ PM GRIND 2019 TOUR グレー 54-14/DGツアーイシュー 赤 115/S200/54[9917]

機関誌Works

弁護士 久保豊年氏

極限のリーダーシップ

機関誌Works

理想の仕事は、 仲間と楽しく働ける仕事

統計が物申す

【カスタム】タイトリスト ボーケイフォージド サテン仕上げ KBS TOUR C-TAPER シャフト装着仕様_#2019ボーケイフォージド#日本仕様#KBSツアーCテーパー

機関誌Works

人事のAI原則

機関誌Works

「自分が」生き生き働く方法、知っていますか?──辰巳哲子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

事例・コラム

第8回 「社会心理学」 内田由紀子 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

フォーティーン 2019 DJ-4 ウェッジ(Dynamicゴールド 95/105/120) (左用)プロギア RS ドライバー (2018) RS(2018) 10.5° フレックスR 中古 Bランク

研究プロジェクト

03.労働時間 2019

日本の労働政策

報告書・論文

男性の育児休業、語られていない「もう一つの意義」──大嶋寧子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

タイトリスト Titleist ボーケイ ウェッジ SPIN MILLED SM7 ジェットブラック VOKEY SPIN MILLED SM7 ジェットブラック 58°/08°M フレッ 中古 Cランク

事例・コラム

長時間労働の是正と企業業績のゆくえ

働き方改革時代にマネジャーは何をすべきか

研究プロジェクト

【Tech Stack Interview】Lowe’s ドナ・ドルフ氏(TAシニアディレクター)

事例・コラム

第5回 「文化心理学」 唐澤真弓 氏 

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

研究プロジェクト

【Tech Stack Interview】Teradata ブラッド・クック氏(TAグローバルバイスプレジデント)

【カスタム】テーラーメイド MILLED GRIND HI-TOE ウェッジ FUJIKURA MCI90 シャフト装着仕様_#ミルドグラインドハイトゥ#フジクラMCI

事例・コラム

次世代社会提言 ―マルチリレーション社会:個人と企業の豊かな関係― 

ピン(PING) G400 ドライバー (ロフト10.5度) ALTA DISTANZA (Men's)

研究プロジェクト

これから介護に直面する従業員に、企業は何を伝えるのか──大嶋寧子

研究所員の鳥瞰虫瞰 Vol.4

事例・コラム

第2回 「ワーク・エンゲイジメント」 島津明人 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

研究プロジェクト

♪【19年モデル】 ピン グライド3.0 ウェッジ TS(シンソール) [NSプロ 950GH ネオ] スチールシャフト PING GLIDE3.0 WEDGE N.S.PRO neo

再雇用か、転職か、引退か ー「定年前後の働き方」を解析するー

JPSED 分析報告書

報告書・論文

第1回 「社会脳」 藤井直敬 氏

第2章 研究探索 「生き生き働ける」人とは? 組織とは?

ダンロップ Cleveland(クリーブランド) RTX4 ウェッジ ツアーサテン N.S.PRO MODUS3 TOUR120 スチールシャフト 軟鉄鋳造 2018年モデル

研究プロジェクト

もっと見る